反り屋根の町家 / Curved Roof House

京都市 / Kyoto / 2015

京都市上京区 / 2015年 / 個人住宅 / 木造改修+増築 / 敷地面積152.83m2 延床面積143.5m2 / 施工:林工務店 / 写真:1-23枚:中村絵

築90年を超える町家を改修し、奥に増築部を加えることで大きな一室空間をつくりました。その際、隣接する寺院の屋根が連なる風景を取り込むために、増築部の屋根にも周辺建物と同様の反りを持たせています。反り屋根は周辺環境とのつながりを与えると共に、既存町家の木造架構とも連続性を持たせており、一室として計画した内部空間をより広く見せています。既存町家部分は伝統工法、増築部分は木造在来工法と異なる構造計画になりますが、共に構造体を現わしとし、軽やかな内部空間に感じられることを重視しました。

Our aim is to create a sequential big space in a 90 year old machiya renovation, an extension in the back and a surrounding landscape. We put a curved roof for the extension in the same manner as the neighboring temples to make the inside fit the circumstance. The curved roof brings a link with both neighboring buildings and the existing machiya structure, and makes the whole inside like opened to the outside. The machiya is made in a traditional method, on the other hand, the extension is in a modern style. We dare to show the wooden structure for both area to create a light and airy space in this architecture.