象の家 / Elephant House

京都市 / Kyoto / 2014

京都市中京区 / 2014年 / 個人住宅 / 木造 / 敷地面積216.73m2 / 延床面積95.06m2 / 施工:サクジ工務店 / 写真:中村絵 石川耕平

第11回 関西建築家新人賞 / Kansai Architect Rookie of the year award

住まいのインテリアコンテスト2014 新築部門賞 / architectural record "featured houses"

家に、たくさんの個性的な場を込めることを意図しました。中庭を中心とした回廊状の住宅とすることで、複数の居場所や多様なしつらえ、個性的な家具類が同居する住まいとなっています。回廊形式は、周囲を擁壁に囲まれた窪地という条件においても快適な住環境を確保し、多様な生活シーンと群像的活動を生みます。タイトルは「群盲象をなでる」の寓話から名付けています。目隠ししたままで象を触ると、ある時は木の幹のように、大蛇のように、扇子のように、または壁のように感じます。本計画では個性的な部分を複合させ、各々の要素をそぎ落とさない方法で、建築の豊かさを追究しています。

Our aim is to create diverse and unique place in a pure architecture. Toward the context and history here, we provide a corridor with an inner void. The style allows diverse lives inside and we can enjoy the sequence with a lot of unique furniture and finishes as we move inside. It is like an ensemble play with several casts. The title “Elephant House” is from an oriental story "The Blind Men and the Elephant". When we touch an elephant in darkness, some regard it as a trunk of a tree, as a snake, as a fan, and so on. This story tells us a diversity of a fact and complexity of a human sense.